中古オフィス家具の買取・販売 家具買うドットコム | JINZA株式会社 HOME > ブログ> オフィス家具の用語

オフィス家具の用語

アクティブ・ランバー・サポート ・2012年7月23日

アクティブ・ランバー・サポートとは、チェアの背もたれ部分に搭載された腰部分をサポートするための機構のことをいいます。アクティブ・ランバー・サポートは、姿勢の変化や着座位置に応じて自動的にサポート機構が追従するのが特徴です。

ミーティングテーブルの脚について ・2012年5月15日

ミーティングテーブルの脚部には様々な種類があります。中でも4本脚は狭い場所でも利用が可能であることからスペース効率がよく、数多く利用されています。また、脚が邪魔にならないT字脚は対面での着座に最適です。他にもL字脚は複数台を組み合わせて使用するのに適しており、パネル脚は強度が高く高級感をだすことがあります。設置の目的や設置場所を考慮して最適な物を選ぶようにしましょう。

ホワイトボードの板面について ・2012年5月14日

ホワイトボードの板面の素材にはスチールのものとホーローのものとがあります。スチールは複合コート塗料で鋼板に焼き付け塗装した特殊鋼版が使用されており、表面硬度が若 干低い一方、快適な書き心地と耐久性の高さが特徴です。ホーローは、ガラス皮膜を特殊鋼板の上に焼き付けたホーロー鋼板を使用し、表面が硬く、耐久性に優れてるのが特徴です。

モルタル ~オフィス家具の用語~ ・2012年2月15日

モルタルとは、ペースト状の、優れた施工性が特徴の建材で、水、セメント、砂を混ぜ合わせたもののことをいいます。モルタルは、壁や床の塗り仕上げや仕上げ材の下地、目地などに幅広く利用されています。モルタルは、コンクリートと比較して強度が劣ります。

防縮加工 ~オフィス家具の用語~ ・2012年2月15日

防縮加工とは、繊維が縮むのを防止することを目的とした加工のことをいいます。防縮加工には、サンフォライズ加工やシュランク加工と呼ばれるものがあり、前者は、防縮の効果を、製織工程において機械的に処理する加工によってもたせたもので、後者は、防縮の効果を、ウールを化学的に処理する加工によってもたせたものです。

ポリウレタン樹脂 ~オフィス家具の用語~ ・2012年2月15日

ポリウレタン樹脂とは、主原料としてポリオールとイソシアネートを混合、反応させた樹脂のことをいいます。ポリウレタン樹脂は熱硬化性樹脂の一種です。ポリウレタン樹脂の特徴としては、優れた剛性、耐衝撃性、耐摩耗性という点が挙げられます。主に接着剤や家具塗料などに利用されているようです。

フォームラバー ~オフィス家具の用語~ ・2012年1月23日

フォームラバーとは、主成分としてゴム樹液であるラテックスを使用し、加熱、発泡、形成させた気泡ゴムのことをいいます。フォームラバーには、優れた耐久性という特徴があり、まくらや寝具、椅子などのクッション材として使用されているようです。また、フォームラバー加工をカーペットに施すことによって、優れた防音効果、吸音効果を発揮することも特徴の一つです。

引き違い戸 ~オフィス家具の用語~ ・2012年1月23日

引き違い戸とは、2枚の戸を2本のレールや溝の上において、左右のどちらかに引くことによって開閉する形式の引き戸のことをいいます。引き違い戸は窓や襖、障子などの様々な場所で利用されています。

ビーム照明 ~オフィス家具の用語~ ・2012年1月23日

ビーム照明とは、乳白カバーと半透過材付き直付け器具、あるいは半埋め込み器具を天井面に取り付ける方式のことをいいます。ビーム照明は建築化照明の一種で、通路などのような場所に直線的に取り付けることによって、誘導効果を高めることができるといった特徴があります。

分煙 ~オフィス家具の用語~ ・2012年1月19日

分煙とは、喫煙により生じた煙に曝露されることである受動喫煙を防止することを目的として、公共の場所や施設等、不特定多数の人が利用する場所において、喫煙場所である空間と、それ以外の喫煙できない場所である空間とに分割する方法のことをいいます。

スタッキングチェア ~オフィス家具の用語~ ・2012年1月19日

スタッキングチェアとは、収納の際などに、積み重ねて保管できる構造になっているチェアーのことをいいます。スタッキングチェアの特徴としては、運搬性や収納性に優れているということが挙げられます。そのためスタッキングチェアは会議室などでよく使用されているようです。

鏡板 ~オフィス家具の用語~ ・2012年1月19日

鏡板とは、ある特定の区画内に張られた一枚板のことをいいます。鏡板がよく張られる場所としては、扉や腰壁、天井、板戸などの枠や框組、額縁といったようなところが挙げられます。

リペティション ~オフィス家具の用語~ ・2012年1月19日

リペティションとは、ラインや図柄などの同じ要素が一定の間隔をあけて繰り返されているもののことをいいます。このようなリペティションはカーテンのひだなどによく見られるようです。

残響 ~オフィス家具の用語~ ・2012年1月19日

残響とは、何らかの音を室内において発した場合に、音を発した音源がその場に止まっているにもかかわらず、吸収されることなく響きわたる現象のことをいいます。残響はおよそどのような場所においても生じています。

シェード ~オフィス家具の用語~ ・2012年1月17日

シェードとは、上下に昇降させつつ開閉するタイプの窓掛け、あるいは日除けのことをいいます。シェードには、スタイルが豪華なオーストリアンシェードや水平なバーが生地の裏側に備わっているシャープシェード、プレーンシェード、バルーンシェード、などの種類があります。

原色 ~オフィス家具の用語~ ・2012年1月17日

原色とは、それ自体を別の色に分解することができず、他の色と混合することでは作ることができない色のことをいいます。原色は互いに独立な色の組み合わせです。これに対して原色以外の色のことは中間色と呼ばれます。

暗順応 ~オフィス家具の用語~ ・2012年1月17日

暗順応とは、屋外の明るい場所から室内の暗い場所に入った直後は、周囲の物が見えにくのですが、時間の経過とともにだんだんと見えるようになる現象のことをいいます。このような現象は、人間の目に、感度を周囲の明暗に対応して調整する機能があることから起きるようです。

分電盤 ~オフィス家具の用語~ ・2012年1月 4日

分電盤とは、樹脂や金属などでできた箱形の機器のことで、屋内に電気を供給するために、外線から引き込まれた電気について、屋内の電気回路に分けて電気を供給するもののことをいいます。

ベイウインドウ ~オフィス家具の用語~ ・2012年1月 4日

ベイウインドウとは、建物の外壁よりも突き出しており、1階とその上階まで連続した形式の窓のことで、出窓の一種のことをいいます。ベイウインドウの形については、一般的に矩形あるいは台形のものが多いようです。

ローマンシェード ~オフィス家具の用語~ ・2012年1月 4日

ローマンシェードとは、光量の調整のために上下に布製のシェードを移動させて開閉させるタイプのものをいいます。ローマンシェードには、オーストリアンタイプやバルーンタイプ、ナチュラルタイプ、シャープタイプ、プレーンタイプなどの種類があります。

前の10件 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16
会員登録
オンラインショップ
お問合せ

対応地域

中古オフィス家具は東京都、神奈川県、千葉県その他全国に配送しております。

電話番号

検索条件

カテゴリから選ぶ
品名を入力

ブランド・デザイナー商品特集 大量入荷 大特価 数量限定 在庫処分
売上No.1

売れ筋ランキング
※価格は税込です。売れ筋ランキング

イトーキ 3段ワゴン JFシリーズ

8,640 円

中古3段ワゴン入荷しました!!

スチールケース Let'sB(レッツビー)チェア ブルー

13,997 円

リープチェアがこの価格!!

オフィスでの疲れ目解消にアイパワー